松子の日々。

アクセスカウンタ

zoom RSS じぃちゃん、ばぁちゃん ありがとう

<<   作成日時 : 2011/08/16 01:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

終戦記念日

この日は毎年

じぃちゃんとばぁちゃんに感謝する日。


今は亡き2人と一緒に暮らしていた小学生時代に

戦争の話をいっぱい聞いた。

フィリピンのルソン島に行ったじぃちゃん。

空襲の中、5人の子供を守り通したばぁちゃん。

そんな2人から

出征して戦った側と見送った側と

双方の立場からの気持ちを

たくさん聞いた。


2人の共通の言葉は

戦争はしたらいかん。


平和な時代に生まれた松子には

生と死が背中合わせの日々を送った事はない。

想像する事しか出来ないけど

自分は生き延びられただろうか?と思う。



ルソン島での日々を聞いたことがある。

ジャングルは暑くて、背中にしょっていた毛布を

半分に切ったり、いろんなものを捨てたりしながら

身軽にして逃げていたんだと言っていた。

食べるものもなくて、動けなくなる人がたくさんいて

だけど連れて行くことも出来ないから、泣く泣く置いてきた。とも言っていた。



じぃちゃんは亡くなるまで

ルソン島で戦った人達の回顧録のような雑誌を

何度も何度も読み返していた。

その度に、何かを思い出しているように

考え込むようなポーズをとっていた。

もしかしたら、当時ジャングルに残してきてしまった人達の事を

思い返していたのかもしれない。

今となっては、わからないけど。



なぜ、松子が2人に感謝する日なのかと言うと

松子の親父は兄弟の中で唯一の戦後生まれ。

つまり、じぃちゃん・ばぁちゃんのどちらかが

戦争で亡くなっていたら生まれていなかった人。

そして、親父が生まれていなければ

松子はここにはいない事になる。


2人が戦争を生き抜いてくれたからこそ

私が生まれて来る事が出来たんだと思うと

本当に祖父母には感謝!感謝!なのです。


終戦の日に改めて・・・

じいちゃん!ばあちゃん!

ありがとうね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
感謝の言葉ですね
素直に感謝の気持ちを口に出せる松子さんは
素敵だと思います・・
私はひねくれ者で駄目です・・
923
2011/08/16 22:33
923さん、こんばんは!

私はかなりの天の邪鬼でして…
2人が亡くなってから感謝出来るようになったんです。
(お恥ずかしながら…)
それまでは、自分の父親の文句や愚痴ばっかりを
2人(特に、ばぁちゃん)にぶつけてました。
どうやったら、あんな人間に育つんだ!とか酷い事を親である2人に言ってました。
遠まわしに、あなたたち親の育て方が悪い!って言いたかったんだと思います。当時は。

なので懺悔の意味も込めて…の感謝なんです。
もう遅いですけど。(^^;)
松子
2011/08/16 22:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
じぃちゃん、ばぁちゃん ありがとう 松子の日々。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる